高度生殖医療と産科分野で、女性の体への負担を最小限に「全世代の女性を幸せにする病院」を目指しています。

日本最初の
生殖医療専門病院

お電話でのお問い合わせ 0223-23-3111

仙台市から車で約40分

宮城県岩沼市里の杜3丁目5-5

人工授精

人工授精とは、タイミング指導・療法でなかなか良い結果が出ない場合に行う一つステップアップした治療になります。人工授精は、その名前から非常に人為的に妊娠を操作するようなイメージを与えてしまいがちですが、実際の方法は、精液中の運動良好な精子を集め、子宮内に直接注入する治療法です。子宮内に入った精子が卵管内を泳いで卵子と出会い・受精するので自然妊娠と全く同じです。

人工授精の適応は、
(1) 精子所見の不良
(2) 精子の進入障害(フーナーテスト陰性)
(3) 性交障害
(4) 軽度の排卵障害

などです。

人工授精は、排卵するタイミングに合わせて行う治療になります。そのため女性には、何度か来院して超音波検査などで卵胞の発育をチェックしながら治療日を決めるようになります。排卵する卵子がある程度多い方が妊娠する確率が高いことから排卵誘発剤という注射を打って卵胞を発育させたりしますが、基本的には女性に負担のかからない方法である経口排卵誘発剤を使用します。加えて、HCGという排卵を促す注射を使用することもあります。

なお、治療当日はご主人もご一緒に来院して、院内で精液を採取していただきます。(都合で来院できない方などは自宅採精や事前に精液を凍結保存しておくことも可能です。)

当院のAIH(IUI)

▲当院のAIH(IUI)

【当院の方法】

当院では、精液を遠心分離による優良精子選別法にて動きの良い精子を集め、雑菌を排除します。この処理に1時間半から2時間かかりますので、外来でお待ちいただきます。約0.3mlに集めた精子を柔らかいチューブを使い子宮内に注入します。注入後15分程度外来で休んでいただき、その後、帰宅してもらいます。治療後は、通常の生活を送って頂いて構いません。

卵子は排卵されてから受精可能時間が1日しかないのに対し、精子は子宮内に入ってから最低3日間は生存し、受精可能と言われています。そのため、人工授精は、いかに排卵するタイミングに合わせて行うかがポイントです。

人工授精の長所としては、自然妊娠と妊娠成立の過程が変わらない事と女性に対する肉体的・精神的に負担が少ないという点です。短所は、治療1回あたりの成功率が低い(約10%前後)点です。

人工授精で妊娠された方の半分以上は、6回目までの治療で成功されています。したがって、6~10回人工授精を行って良い結果が得られない場合は、体外受精へのステップアップを考える必要があります。

ページトップへ戻る